【急速冷凍】リキッドフリーザーテスト【生野菜】

凍結テスト野菜

本日はカット野菜をリキッドフリーザー凍眠にて急速冷凍テストを行いました。

以前の記事、生野菜と生果物は凍眠での急速冷凍でも「生」には戻らないとお伝えしました。


理由としては、「酵素」の働きにより食材が柔らかくなってしまうためです。


生果物などはリキッドフリーザーで急速冷凍を行った後、半解凍にして「果物アイス」に近い形で提供が可能ですが、生野菜は違った方法での急速冷凍と解凍が重要です。


その違った方法というのは「火入れ」です。


リキッドフリーザーで急速冷凍をさせる前に加熱調理を行うと、この「酵素」の働きを抑えることが出来ます。


ですから、急速冷凍後に解凍を行うことで、加熱後すぐの食感と変化が少ない、シャキシャキとした食感で食べて頂けます。


加えて、生野菜の状態でリキッドフリーザーで急速冷凍をしていただき鮮度を保つ。必要な時に食材を解凍し、「すぐに」調理を行って頂くと、急速冷凍時の鮮度そのままの食感と風味でお楽しみいただけます。


詳しい方法としては、高温蒸気を数秒かけるか、10秒ほど熱湯をくぐらせれば生野菜に近い食感が出せます。


一度、リキッドフリーザー凍眠で、液体急速冷凍を試してみて下さい。


導入事例  |  凍眠

「凍眠」を導入した事例をご紹介

導入事例  |  凍眠ミニ

「凍眠ミニ」を導入した事例をご紹介

製品・サービス

  • 卸・食品加工・
    生産者向け凍結機

    凍眠

  • 飲食店・ECサイト
    販売向け凍結機

    凍眠ミニ

  • 凍眠された商品をご家庭で

    TŌMIN FROZEN

  • ご家庭で食材を凍眠させる

    自宅で凍眠キット

事業規模に合わせた
さまざまな製品をご用意しています

卸・食品加工・生産者向けの中容量〜大容量の凍結機ラインアップです。
お客様のニーズに合わせて最適な製品をご提案いたします。

飲食店向け・ECサイト向けの
約60cm四方のコンパクトな液体凍結機です

コンパクトな小容量の凍結機になります。
仕入れ・営業オペレーション・販路拡大など、さまざまな方面からお客様をサポートいたします。

産地の鮮度をそのままに
再現性の高い冷凍食品

「冷凍食品は美味しくない」そんな概念を覆す冷凍食品TŌMIN FROZEN。
TŌMIN FROZENは、テクニカンの「凍眠」で凍結させた食品のみを取り扱う専門店です。
産地でしか食べられない食材をはじめ、飲食店のシェフが作った料理などを豊富なラインアップを取り揃えています。

ご家庭でも液体凍結「凍眠」を楽しめる
“自宅で凍眠キット”

冷凍庫内で凍らない不凍液がパックされた、ご自宅にセットするだけで使える凍眠キット。
段お使いの冷凍庫にセットする“Treasure Box”と、セカンド冷凍庫としてご活用いただける冷凍ストッカー“凍眠マジック”をご用意しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!

会社概要はこちら >>
Copyright(C) 2005-2023 Technican Co.,Ltd. All Rights Reserved.
お問い合わせ 資料ダウンロード